お金借りる利息の過払い金について

お金借りたときには利息を支払わなければならないのがですが、利息を支払いすぎていることがあります。払いすぎた利息を過払い金と呼び、これを返還してもらうことを過払い金の返還請求と呼びます。最近になって過払い金の返還請求が盛んに行われるようになりました。なぜ利息を支払いすぎているのかというと、法律による制限があるからです。
お金借りるときに関係する法律として利息制限法があります。利息制限法では、貸し付ける際の上限金利を定めています。利息制限法で定められた上限金利を超えて貸し付けるのは違法な行為になりますから、もしもそれ以上の金利で借りていた場合には、利息は支払いすぎていたことになるのです。払いすぎていた利息というのは、つまり払わなくても良い利息ですから、自分の財産となるのです。それを返還してもらうことが過払い金の返還請求です。
数年前からお金借りるということを続けている人なら、過払い金が発生している可能性がありますから、計算してみる価値はあるでしょう。

Post a Comment

Your email is kept private. Required fields are marked *

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>